FC2ブログ

子供の病気

ここでは、子供の病気 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱性けいれんの発生時の対応についてお父さんお母さん向けにわかりやすく説明がされている動画をご紹介させていただきます。

赤ちゃんや幼児が急に熱を出したときや高熱のあるときに、全身がガタガタふるえてけいれんを起こし、意識を失うのが熱性けいれんです。

かぜやはしか、突発性発疹などの感染症にかかって熱が上がりかけたときによく起きるのが特徴です。生後6カ月から5才くらいの間に起こりやすく、一度しか起こさない子もいれば、発熱のたびに再発を繰り返す子もいるといわれています。

熱性けいれんに関する情報は少なく、分からないから不安で慌ててしまうお父さんお母さんも多いかと思いますが、あらかじめ知識をもっておき、慌てず適切な対応をしていくことが大切です。

詳細はこちら

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
スポンサーサイト

かぜや下痢のときに処方されることが多い粉薬は非常にこまかく飛び散りやすい散剤、
シロップでコ-ティングしたドライシロップ、味やにおいがついている顆粒など様々な種類があります。

赤ちゃんにそのまま飲ませるのはかなりむずかしいので、
水や食べ物にまぜる工夫をされている方も多いのではないでしょうか。

ただし、まぜてはいけない食べ物や、まぜるとかえってまずくなるものなどもあります。

最近ではスポイドを使って少量の水でとかして粉薬をねって口の中に塗りつける方法が
よくおすすめされています。

詳細はこちら


くすりimages

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
年末に向けてインフルエンザの流行の兆候がでてきています。
流行のピークは1月~2月になるともいわれています。

インフルエンザを予防するためには(1)感染経路を断つこと、(2)予防接種を受けること、(3)免疫力を高めることが大切といわれています。

特に(1)感染経路を断つためには飛沫感染・接触感染を防ぐために、帰宅時や調理の前後、食事前など、正しいやり方でこまめな手洗いを心掛けましょう。

アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的とも言われています。

※現在のところうがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明はされていない模様です。


手洗い

詳細はこちら

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^  
国立感染症研究所のホームページには最新のインフルエンザ流行レベルマップが掲載されています。
2012年12月12日時点でのインフルエンザ患者の報告数は2,832人となり、10月22日以降増加が続いています。

インフルエンザの定点あたり報告数を都道府県別にみると、佐賀県(5.58)、沖縄県(2.81)、群馬県(2.66)、千葉県(1.26)、岐阜県(1.05)、大分県(1.05)、埼玉県(1.04)、山梨県(1.00)の順となっており、37都道府県で前週よりも増加が認められています。

注意報レベルを超えた保健所地域は群馬県及び佐賀県でそれぞれ1箇所認められました。
警報レベルを超えた保健所地域は存在していない模様です。

国立感染症研究所では、全国約5,000のインフルエンザ定点医療機関を受診した患者数を把握しています。

過去の患者発生状況をもとに設けられた基準値から、保健所ごとにその基準値を超えた場合に、
注意報レベルや警報レベルを超えたことをお知らせする仕組みになっています。

インフルエンザ流行レベルマップには、都道府県ごとに警報レベルを超えている保健所があれば赤色系3段階で、注意報レベルを超えている保健所があれば黄色系3段階で示してあります。


インフルエンザ


詳細はこちらへ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^     

昨日は各地で今シーズン一番の冷え込みとなったようで、朝晩だけでなく日中も肌寒く感じられました。

そんな本格的な寒さの訪れでノロウイルスなどによる感染症の報告件数が急増しているようです。

過去10年で最悪だった6年前に次ぐ­ペースを記録している模様です。

特に感染性胃腸炎やマイコプラズマ肺炎の症状の子どもが急増しているようですので注意していきたいですね。

風邪ひき子ども


出典:TBS News i
詳細はこちら


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。