FC2ブログ

育児休暇

ここでは、育児休暇 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は育児休業の取得率に関する気になる記事がありましたのでご紹介いたします。
会社規模によって取得率に大きく差がでているようです。

規模の小さな会社ほど少人数でやっているため休業をとりにくい模様ですが、
企業はITの活用による在宅勤務の可能性などこれまでにない
新しい働き方の発想が求められると思います。



育児休業(子どもを養育するために、一定期間休業できる制度)
を取得したことがある人はどのくらいいるのだろうか。

過去3年間の状況を企業に聞いたところ、取得したことがあるのは女性が65%に対し、
男性は7%にとどまっていることが、エン・ジャパンの調査で分かった。

規模別でみると、従業員数1001人以上の会社で働く女性の89%が取得しているのに対し、
50人以下では35%。この結果について、エン・ジャパンは「育児休業の取得状況]
は、男女ともに会社の規模によってその比率が異なる結果となった。

『少人数でやっているため1人抜けると他の社員の負担が大きく、かといって
人を補充すると今度は休業者が復帰時に空きがない状態』
といったコメントが寄せられたように、規模の小さい会社ほど苦労しているようだ」としている。

yd_work1[1]
yd_work2[1]

育児休業を取得した期間は「1年~1年半未満」(49%)が最も多く、次いで「6カ月~1年未満」(41%)。

また子育て期間中の支援策としては「短時間勤務労働」(64%)が最も多く、
以下「所定外労働の免除」(47%)、「特になし」(26%)、「時差勤務制度」(24%)、
「フレックスタイム制度」(12%)、「時間単位の有給休暇取得」(8%)と続いた。

yd_work3[1]

今後の対応については「法定義務の範囲内で対応していく」が61%、
「状況をみて対応を検討していく」が25%、「法定義務の範囲を超えて、積極的に対応していく」が6%。

積極的に対応していく理由として「若手女性職員が多数活躍しており、
将来にわたって力を発揮してほしいため」「ワークワイフバランスの感覚をしっかりもった
優秀な人材(特に女性)に長く活躍してもらうためには、今以上の支援が必要と考えている」
など、企業として女性の活躍を期待するコメントがあった。

出典:エン・ジャパン



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
スポンサーサイト
本日は育児休業を取得した三重県知事の様子を取り上げた記事をご紹介したいと思います。

組織のトップが率先して育児休業をとることは通常では、「社員が育児休業をとりつらい」といったような風土を変えていくことにつながり、素晴らしいことだと思います。



96958A9C93819496E0E0E2E2E48DE0E0E2E5E0E2E3E0919CEAE2E2E2-DSXBZO4402034022072012I00002-PN1-2[1]

三重県の鈴木英敬知事(37)は22日、育児休暇中の様子を報道陣に公開した。

6月に生まれた長男のおむつを替えたり、台所に立って食器を洗ったりする姿を披露した。

知事は「おむつを替える時によくおしっこをかけられる」と子育てに悪戦苦闘の様子。「予測できない行動をとる子供とずっと向き合う母親は大変」と話した。

妻でシンクロナイズドスイミング五輪メダリストの武田美保さん(35)は
「子供を預けて安心できる人がそばにいると支えになる」と語った。

鈴木知事は今月中に計3.5日の育児休暇を取得する予定。

出典:日本経済新聞WEB


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
本日は男性の育児休暇に関する記事をご紹介いたします。

男性でも育児休業制度を利用して、専業の「イクメン」になることができます。
しかし、現状ではそれには大きな決断力と経済力が必要になります。

さらなる制度の整備が求められるのではないでしょうか。



社会全体で男性がもっと積極的に育児に関われるようになることを目的として、
厚生労働省が行っている「イクメンプロジェクト」。

その第12回「イクメンの星」に、東京都の中山敦司さんが選ばれた。中山さんは、「イクメンプロジェクト」公式サイトに育児休業・育児体験談を投稿した26名と、過去の最終選考候補者の中から選ばれた。

「イクメンプロジェクト」の公式サイトには、中山さんの体験談が公表されている。そこには、育児に追われる奥さんを気遣って、朝の出勤前に奥さんよりも早く起床し、毎日自分の弁当を作ったエピソードや、週末には早起きをし、奥さんが寝ている間にお子さんのおむつを替え、お子さんと早朝の散歩にでかけたエピソードなどが紹介されている。

そして、お子さんが2歳になった時、1年間仕事を休んで育児に専念。休暇中は奥さんのママ友の会話に加わって情報交換したり、相手のお子さんと遊んだり、楽しい時間を過ごしたという。

そこで、育児休暇を取ると気になるのが収入の話。わが国には育児休業制度があり、労働者は子供が1歳に達するまでの間、育児休業を取得することができる。育児休業期間中には「育児休業給付金」が支給され、支給額は「休業開始前賃金月額×育休月数×50%(本来は40%)相当額」となっている。

例えば、育児休業前の賃金が30万円の場合、育児休業給付金として30万円×50%=15万円(本来なら12万円)が支給される。

この「育児休業給付金」は、男性にも支給されるため、育児休業制度を利用すれば、無収入になることなく「イクメン」に専念できる。しかし、収入減少となるため、男性が育児休業制度を利用するためには、会社の理解に加えて家計への影響も考慮に入れる必要もありそうだ。

出典:MONEY ZINE


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

本日は嬉しいニュースがありましたのでご紹介いたします。

厚生労働省による「平成23年度雇用均等基本調査」(速報値)によると
男性の育児休業取得率が倍増の2.63で過去最高になったようです。

男性が育児休暇を取得することで、育児、炊事、洗濯など、ママが普通に
やっている家事がどれだけ大変か、どれだけ貴重なことなのかを
子育ての当事者として体得することができると思います。
そして、ママに対して、いつも子育てしてくれてありがとう
という感謝の気持がわいてくると思います。

だから、パパは3日でもいい、一週間でもいいですのでぜひ子育ての当事者として、
ママの代わりに過ごしてほしいと思っています。



K10047557211_1204270911_1205011425_01[1]

育児休業を取得した男性は、去年10月の時点で全体の2.6%と前の年より増加したものの、依然として低い水準にとどまっていることが厚生労働省の調査で分かりました。

育児休業は、原則として子どもが生まれてから1歳になるまで仕事を休んで子育てに専念できる制度で、厚生労働省は全国4000余りの事業所を対象に育児休業の取得状況を毎年調べています。
それによりますと、去年10月の時点で取得した男性は平成8年の調査開始以来最も高い2.6%と、前の年より1.3ポイント上昇したものの、依然として低い水準にとどまっています。また、女性の取得率は87.8%で、前の年より4.1ポイント上昇しました。
事業所の規模別では、従業員が500人以上の事業所は女性が91.4%、男性が2.9%だったのに対して、30人未満の事業所は女性が83.3%、男性が1.8%と事業所の規模が小さくなるほど育児休業の取得が進んでいません。
厚生労働省は「男性はほとんどの人が取得していないのが現状だが、育児休業を取得させている企業に助成金を支給する制度を周知するなどして、育児を積極的に行う男性”イクメン”を支援していきたい」と話しています。




出典:NHKニュースWEB
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。