2012年03月

ここでは、2012年03月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
本日は全国の病児・病後児保育施設の現状についてまとめてみました。

・実施施設数は1,250箇所(平成21年度国庫補助ベース)
・医療機関併設で定員4~5名の中規模施設が多い
・年間の収支は64%が赤字であり、赤字の主な原因は人件費で、
 赤字の割合は施設規模が大きくなるほど大きくなる傾向
・1~4歳の幼児の利用がほとんどで、平均1.4日/回の利用日数
・利用者の約半数は翌日の利用を予約したが、その1/3は当日に利用をキャンセル

病児・病後児保育施設は昔と比較すると増えてきてはいますが、全国の保育施設の数から比較すると数パーセント程度しかなく、1施設あたりの受け入れできるお子様の人数も少なく、子育てと仕事を両立させるためにはまだまだ足りないように感じられます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
スポンサーサイト
ワーキングマザーをとりまく現状をデータを使ってまとめてみました。
「本日はお子様を預けていて不満に思うこと」についてご紹介いたします。

日中の主な預け先に関して、困ることや不満に思うことを尋ねたところ、「子どもが病気のときに利用できない」の割合が34.8%と最も高く、平成14年度の調査と比べて10ポイント以上増加しています。

         お子様を預けていて不満に思うこと
不満
出典:就学前の子どもがいる世帯に関する調査(東京都)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
仕事と子育てを両立する上で一番困っていることのトップに上がってくるのが「子どもが急病になったときの対応」です。「そばにいて看病したいけれど、明日だけはどうしても休めない」「もう2日も会社を休んだのに、まだ子どもの熱が下がらない」など、ワーキングマザーをとりまく現状をデータを使ってまとめてみました。

「パパとママが交替で」がトップに上がってきているのが興味深いデータです。ママに任せきりではないパパが増えてきているのはうれしいことですね。


看病
出典:ベネッセ・bizmomアンケート(妊娠中または0~10歳の子どもがいるワーキングマザー、2009年1月実施

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
経団連の少子化対策委員会と厚生労働省が子ども・子育て施策法制化の動きめぐり説明聞き意見交換の記事がありました。詳細は下記ページへアクセスお願いいたします。

http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/2012/0308/04.html

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
アメリカでの病児保育の現状について記載されている記事がありました。
職場や取引先、顧客の環境が日本の状況とは随分異なっていて、
病児保育は日本のような深刻な社会問題にはなっていない模様です。
詳細は下記サイトまでどうぞ。
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/03/post-408.php

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。