2012年06月

ここでは、2012年06月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は男性の育児休暇に関する記事をご紹介いたします。

男性でも育児休業制度を利用して、専業の「イクメン」になることができます。
しかし、現状ではそれには大きな決断力と経済力が必要になります。

さらなる制度の整備が求められるのではないでしょうか。



社会全体で男性がもっと積極的に育児に関われるようになることを目的として、
厚生労働省が行っている「イクメンプロジェクト」。

その第12回「イクメンの星」に、東京都の中山敦司さんが選ばれた。中山さんは、「イクメンプロジェクト」公式サイトに育児休業・育児体験談を投稿した26名と、過去の最終選考候補者の中から選ばれた。

「イクメンプロジェクト」の公式サイトには、中山さんの体験談が公表されている。そこには、育児に追われる奥さんを気遣って、朝の出勤前に奥さんよりも早く起床し、毎日自分の弁当を作ったエピソードや、週末には早起きをし、奥さんが寝ている間にお子さんのおむつを替え、お子さんと早朝の散歩にでかけたエピソードなどが紹介されている。

そして、お子さんが2歳になった時、1年間仕事を休んで育児に専念。休暇中は奥さんのママ友の会話に加わって情報交換したり、相手のお子さんと遊んだり、楽しい時間を過ごしたという。

そこで、育児休暇を取ると気になるのが収入の話。わが国には育児休業制度があり、労働者は子供が1歳に達するまでの間、育児休業を取得することができる。育児休業期間中には「育児休業給付金」が支給され、支給額は「休業開始前賃金月額×育休月数×50%(本来は40%)相当額」となっている。

例えば、育児休業前の賃金が30万円の場合、育児休業給付金として30万円×50%=15万円(本来なら12万円)が支給される。

この「育児休業給付金」は、男性にも支給されるため、育児休業制度を利用すれば、無収入になることなく「イクメン」に専念できる。しかし、収入減少となるため、男性が育児休業制度を利用するためには、会社の理解に加えて家計への影響も考慮に入れる必要もありそうだ。

出典:MONEY ZINE


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

スポンサーサイト
こんにちは。
本日は夫婦の育児分担の意識に関するニュースをご紹介いたします。
子育てはママだけではなく、パパも積極的に関わっていくべきという
意識が徐々に広がってきていることは素晴らしいことだと思います。



父親は育児に積極的に参加すべきだと考える人が45%に増え、
「時間の許す範囲内ですればよい」という人をわずかながら初めて上回ったことが、
時事通信社による全国世論調査で分かった。


 男性の育休取得を後押しする改正育児・介護休業法が施行されて30日で2年になるが、
育児分担の意識に変化の兆しがあると言えそうだ。


 調査は6月8日から11日までの間、全国の20歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施、
1289人から回答を得た。


 それによると、「積極参加を」は1年前の前回調査より5・9ポイント増え、45・0%だった。
「時間の許す範囲で」は同8・3ポイント減の44・9%。
「父親は外で働き、母親が育児に専念すべきだ」が8・5%だった。

出典:時事通信社


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
先日に引き続きワーキングマザーのための子育て術(その4)をご紹介させていただきます。
「ワーキングマザーのための子育て術」は本日で最終回となります。

●失敗してもいいよ!

「仕事をもっているからこそ、ぬかりなく子育てをやらなくっちゃ!」
と思うのが親心だと思います。

でも、子どもに寂しい思いをさせまいと、「完璧な育児」を
目指すと、かえってイライラがひどくなってしまいます。

ママが、自分自身の欠点や失敗を責めがちだと、わが子の欠点や失敗に対して
も、許容範囲が狭くなってしまうもの。

逆に、自分自身を「ま、いいか」と許してあげるトレーニング(?)を積んでいくと、
わが子に対しても、フトコロの広い接し方ができてくるように思われます。

共働き夫婦の家事・育児分担についても、同じようなことが言えるのでは?
ママも働いているのだから、ご主人にも、それ相応の分担をしてもらうことは当然ですね。

でも、「お互い、きちんと」ということが行き過ぎてしまうと、
とっても息苦しい夫婦関係になってしまいます。

歯をくいしばって(自分を責めながら)分担をこなそうと必死だと、
お互いのちょっとしたミスも許せなくなってしまうのです。
逆に、自分のミスをフォローしてもらった時は、みじめさでいっぱい。

でも、許し合える関係になったら、相手のフォローをした時は、いい気分だし、
逆にフォローしてもらった時は、とてもありがたい。
楽な気持ちで力が出し切れるようになってくると思います。

以前、「怒りはエネルギーを消耗させ、許しはエネルギーを生み出す」と、
何かの本で読んだことがありますが、確かにその通りですね。

●「ごめんね」から、「ありがとう」へ

「胎教をするか・しないか」から始まり、「出産の仕方」「母乳の与え方」な
どなど…、“理想的な子育て”をしてあげたいのは親心だと思います。
でも、子育てには様々な限界や、そうもいかない状況はつきものです。

理想的にいかなかった点を数え上げ、「ああすればよかった」「こうすればよかった」
といった減点法では、かえってイライラが溜まってしまいそうです。

「まあ、しゃあないか」と割り切り、プラスの面を数える加算法でいけるとい
いですね。

ワーキングマザーが、わが子との関係でプラス思考になれる魔法の言葉は、
「ありがとう!」という言葉だと思います。


「子どもが寂しい思いをしている」のは事実かも知れないけれど、それを気に
しすぎ、「もうしわけない・・・」と重い心でいると、親子共々、元気がなく
なってきそうです。

だから、あやまる代わりに、日頃のご協力に感謝を込めて、「ありがとう!」
と、チュッチュしてあげては? 

子どもだって、「ボクはママを助けているんだ!」と、いい気持ちになれると思います。
もちろんママも、お子さんからたくさんチュッチュをもらって、
明日への活力にしてはいかがでしょうか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

こんにちは!
本日は前回に引き続きワーキングマザーのための子育て術(その3)をご紹介いたします。

●共にがんばる

寂しい時に、「さびしいよ~!」とベソがかける子は、その分、寂しさからの
立ち直りも早いようです。

でも、泣きたい気持ちをガマンしてしまう子は、どうして? 
子どもなんだから、そんなに遠慮しなくていいのに・・・。
ママのことを信用していないから?

いえ、いえ、そんなことはありませんよ。
こういう子って、むしろ、人一倍ママ思いで、繊細な心をもっているものです。
ママを心配させたくないのです。
朝やお迎えの時のそっけない様子は、泣きたい気持ちを悟られないための精一杯の抵抗なのですね。

「ママにお仕事がんばって欲しいから、寂しくても、寂しくないよ~!ってが
んばってくれているんだね。
でも、寂しいときは、寂しいよ~!って言っていいんだよ。
そのほうが気持ちがラクになるからね」

「ママだって、○○ちゃんとバイバイするのは、寂しいんだから。」・・・
こんなふうに声をかけてあげ、泣きたい時は、たっぷり泣いてもらった方が、
かえって立ち直りが早いと思います。

わが子に泣かれると、ママ自身も、別れのつらさや、お仕事の大変さが吹き出
てきて、泣きたくなる時もあるでしょうね。
でもそんな時は、ママだって、一緒に泣いてしまっていいんですよ。

親と子。共にがんばる者同士として、平気なふりをしあうより、グチを言い合
える・聞き合える関係のほうが、心強いものです。

かえって、明日からの元気が出てきますよ。

●ママから逃げる子

以前、あるママから相談を受けたことがありました。


夫の両親と同居のため、娘は1才から、私が仕事に出ている昼間は、おば
あちゃんに面倒を見てもらっていました。
子ども好き、世話好きのおばあちゃんで、娘もよくなつき、それはそれで助かっていました。
でも、この頃、ちょっと気になることが・・・。

私が帰宅しても、娘はおばあちゃんの部屋に入りびたりなのです。
私がいてもいなくても、関係ないような感じで、なんだか、娘をおばあちゃんに取られて
しまったような気がしてきて・・・。
そういった寂しさや、仕事にまつわるイライラで、つい娘に当たることが多くなってしまい、
そうなると、休みの日も、娘はおばあちゃんの所に行ってしまうことが多くなりました。
いったいどうすれば・・・。
私は、娘に嫌われてしまったのでしょうか?


「仕事をしているので、愛情不足になるかも」と、もともと不安があったりす
ると、こういった状況は、わが身を責められてしまいますね。

でも、こういったお子さんのほとんどは、ほんとは、ママが大好きだったりするのです。
もともとは、「ママはお仕事で大変そうだから、ママに迷惑をかけないように、がんばるぞ」
という気持ちだったのが、だんだんエスカレートしてきて、
「ママがいなくても、平気だもん!」と、スネしまっているだけなのです。

きっとホンネの部分では、「ママ、大好き!」「ママがいなくて、寂しいよ~!」
という気持ちをガマンしているはずですね。

続きは次回ご紹介いたします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

前回のブログに引き続きワーキングマザーのための子育て術(その2)をご紹介いたします。

●心の「からくり」

子どもって、大人が考えているほど「分からず屋」ではありません。ママが仕
事に出る必要性があり、そのことをちゃんと説明してあげたとしたら、

「ママ、がんばって! ボクも協力するから!」
という気持ちをもってくれるものです。
たとえ赤ちゃんであっても、気持ちは通じるのです。


でも、「ママと離れてもがんばるゾ!」と決意はするのですが、やっぱり、寂
しいものは寂しい。がんばりたいからこそ、グチを聞いてほしいんですね。

「子育てなんか、もうイヤ!」とグチるママは、本当は子育てを投げ出したい
わけじゃない。子育てをがんばりたいからこそ、グチを聞いてもらいたいだけ
です。
「グチなんか言うな!」と言われるより、「そうだよねえ。イヤになっちゃうよねえ」
と受けとめてもらった方が、明日からの元気も湧いてくるというもの。

子どもも同じで、ママにグチを聞いてもらった方が、
気持ちがスッキリしてがんばれるのです。


ところが、「ママが仕事を始めたら、いろいろ心配な様子が出てきた」という
子どもは、泣きたい気持ちを無理にガマンしていることが多いのです。
寂しい気持ちがあったとしても、それを受けとめてもらえさえすれば、
ちゃんと乗り越えていける力をもっています。

ところが、寂しい気持ちをガマンして抱え込んでしまうと、
いろいろ心配な様子が出てくるのです。

●泣きたい気持ちをガマンしないで

前回ご紹介したAちゃん、Bくんの場合、「寂しい気持ちをガマンしているので
は?」という私の話に、ママは納得がいかない様子。

ママの言い分は…「いえ、それはないと思います。
保育園は好きみたいで、登園当初から、みんな泣くのに、あの子は平気でしたから」
「お迎えの時も、私の所へなかなか来ないで、もっと遊んでいたそう。
家へ帰るのもシブシブという感じですから」…。

でも意外に、こういう感じの子どもは、寂しい気持ちをガマンしていることが多いのです。

いろいろ気持ちを探っていくと、Aちゃん、Bくんも、実はママとのバイバイが
とってもつらいことが分かりました。

いくら保育園が好きだとしても、大好きなママと一緒の方がいいに決まっていますもの。
「ママに心配をかけないように、がんばるゾ!」と平気なふりをしながら、
実は心の中は、不安や緊張でいっぱいだったのです。

でも2人とも、「ママとバイバイはつらいよ~!」「ママと一緒にいたいよ~!」
とかわいいベソをかけるようになると、園での様子はぐんぐん落ち着いてきま
した。
ああ、よかった!

続きは次回ご紹介いたします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
本日は日頃から子育てと仕事の両立に努力をされているワーキングマザーの方々が
子育てのヒントになりそうな子育て術についてご紹介をしたいと思います。
本日から数回に分けて配信をしていきたいと思います。

●働きに出るのは、子育てにマイナス?

よくワーキングマザーは、子育てに関してハンディがある・・・と言われます。
でも、本当にそうなのでしょうか?
仕事をもっていないママは、わが子とゆったりと関わることができる・・・
ということは言えるでしょう。
でも、それが苦しい方向に向かうと、わが子と一日中顔を付き合わせているのでストレスが溜まってしまう・・・ということもあり得ますね。

仕事をもっているママの場合は、仕事で疲れて帰ってきたら、次は子どもの面
倒を見なくてはならないので、もうイヤ!・・・という事態が考えられます。
でも、仕事の疲れが、わが子とのふれあいで癒され、「ようし!明日もがんば
るぞ!」と元気が湧いてくる・・・というふうにもなれるのでは?

ワーキングマザーだろうと、専業主婦だろうと、悪循環になるときは同じ。
ということは逆に、どちらの立場だとしても、幸せな親子になる道はあると思うのです。


●「愛情不足!」と言われて・・・

ワーキングマザーが、子育てで一番心配なのは、やはり、子どもと接する時間が
少なくなり、愛情不足になってしまうのでは・・・?ということではないでしょうか。
子育てに関する相談には、このような心配をもってこられる方も、たくさんいらっしゃいます。

Aちゃんのママは、保育園の先生から、「友達にすぐに手が出てしまう」と、
何度も報告を受けました。ママが仕事に復帰するまでは、そんな子ではなかっ
たのに。「やはり愛情不足なのかしら・・・」と、ママは憂鬱です。

Bくんは、ママが仕事に行っている間、近所に住むおばあちゃん(ママの実母)
に預かってもらっています。おばあちゃんのこの頃のグチは、公園に連れて行
っても、Sくんがお友だちとちっとも遊ぼうとしないこと。「なんか元気ない
んだよねえ。仕事をやめた方がいいのでは」と、再三言われます。

仕事をやめればと言われても、経済的にきつかったり、ママの生きがいである
場合などは、そう簡単にやめるわけにもいきません。もちろん、仕事をやめる
という究極の選択も考えられますが、それは最後の手段ですよね。
それに、「ママが仕事をしているイコール愛情不足」というわけでもないのです。
にもかかわらず、わが子の様子・行動に心配が出てくる場合は・・・?
そこには子どもの心の「からくり」が関係している場合が多いのです。

続きは次回ご紹介していきたいと思います。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

本日は子どもの安全に関して分かり易く学習できるソフトをご紹介いたします。
東京都では、子どもにとっての身近な危険を大人が実感することで、日常生活の中での事故予防に活かせるよう、乳幼児期の事故防止学習ソフト「見つけて防ごう!子どもにとっての身近な危険」を提供しています。このソフトでは、成長段階に応じた子どもの特徴と、その時期に起こる事故を、動画で見ることができます。また、家庭内の危険な場所をチェックすることもできますので、ぜひ体験してみて下さい。

pamphlet[1]


press[1]

東京都のホームページはこちらへ


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。