FC2ブログ

2013年02月

ここでは、2013年02月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリエクラブでは病児保育のご利用を検討していただいている皆様に、
ご入会の前に説明会へのご参加をお願いしております。
3月の説明会開催日程が決まりましたのでご案内をさせていただきます。

     【 3月説明会開催日程 】
      第1回 3月9日(土)
      第2回 3月16日(土)
      第3回 3月23日(土)
      第4回 3月30日(土)


*今回の説明会は神戸市中央区、灘区、東灘区にお住まいの方が対象となります。

詳細のスケジュールと説明会へのお申し込みはこちら


16308327_72A.jpg


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
スポンサーサイト

写真は病児保育の説明会の開催時にお子さんが遊べるおもちゃです。
この他にも絵本などお子さんが楽しめるものを用意しています。

説明会ではご家族みんながくつろげるように様々な工夫をしていきたいと思います。

写真 (42)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
インフルエンザなど感染症が流行しているこの時期、携帯型空間除菌剤を
使われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

携帯型空間除菌剤に関して消費者庁から注意喚起されています。

除菌剤を首からぶら下げて幼児を抱っこしていたところ、
幼児が重度の化学やけどを負った事故が起こっているようです。

詳細はこちら

ウイルスプロテクター

参照;消費者庁、リセマム

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 


ファミリエクラブではお子さんひとりひとりに合わせた保育をしていくことが大切だと思っています。

病児保育のご入会時にはあらかじめお子さんの食事や睡眠、排泄、好きな遊びなど
普段の生活の情報をカルテのような形で登録をしていきます。

これによってお子さんそれぞれの発達や成長の段階に合わせた保育をすることができます。

登録されている内容は発達や成長により変わってきて、お子さんの成長を実感することができますね。

写真 (41)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
病気やかぜのとき、子どもは不安な気持ちでいっぱいになってしまいがちですね。

病児保育の現場ではそんな子どもの不安な気持ちをを取り除いてあげることが必要となります。

子育て経験豊富なスタッフ全員が病気のときの子どもの心理状態を勉強し、
病気のときでもお子さんが一日楽しく過ごせるように様々な工夫をしていきます。

写真 (39)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

ファミリエクラブの病児保育では保育スタッフ、事務局、かかりつけ小児科医が
常に連携をして保育にあたります。

安全・安心の病児保育を実現するためにはできる限り多くの「目」で
お子さんをみてあげることが必要です。

保育中のお子さんの様子に関して、ご家庭に訪問している保育スタッフだけの判断に頼るのではなく、
第三者からもお子さんの様子や状態を確認して判断ができるように情報を共有化していくことが
大切だと考えています。

保育記録シートにはお子さんの様子や状態、体温の推移などを細かく記載して
一日の病児保育の内容を記録していきます。

この保育記録シートは三者が情報を共有化して保育にあたるための大切なシートです。

写真 (22)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

現在発生している子どもの事故の多くが家庭内で起こっていて、
不慮の事故が大半をしめています。

また、この傾向は昔から何十年と変わっていなくて、
日本は欧米諸国と比較しても事故の件数が多い模様です。

欧米諸国ではベビーシッターや子育て支援が充実していて、
常に子供から目を離さない環境ができていることが事故件数の少ない
一つの理由としていわれています。

事故の多くは予測することができます。
様々な事故の例と家庭内での危ないシチュエーションをあらかじめ知っておくことが必要です。

また、大人ではわかりにくい子どもの目線での危険を理解するために、
幼児視界体験メガネ(チャイルドビジョン)を使って子供の視線での危険を学習しました。

事故防止には常に子どもから目を離さないように心がけることが大切になりますので、
これからもお子さんお一人に保育スタッフ一人が保育にあたる1対1の保育に
こだわりをもって続けていきたいと思います。



写真 (13)


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
寒い季節は室内で遊ぶことも増えてきます。

今日は親子で楽しめる、室内遊びをいくつかご紹介いたします。







窓にお絵描き

最近は濡らした布で簡単に拭き取ることのできるマーカーが発売
されています。

大きな窓をキャンバスにして、親子でお絵描きを楽しんでみては
いかがでしょう。








獣医さんごっご

懐中電灯、短く切ったストロー、丸めたコットン、そして筆記用
具を用意します。

患畜さんは、お家にたくさんある、ぬいぐるみ。

懐中電灯で目を照らしてチェック、ストローで口元をツンツンとし
て、のどの検査、コットンで薬をぬってあげて、最後にカルテを書
きましょう。








小麦ねんど作り

小麦粘土は自宅で簡単に作れます。

作り方は、小麦粉に塩を入れて、水と油を加えて、耳たぶ程度の固
さになるように、よく練るだけです。


分量の目安

小麦粉:2カップ 水1/2カップ 塩:小さじ1 
油:小さじ2 食用色素:適量


カラフルな小麦粘土の作り方









前回に引き続き、冬の外遊びでの注意点と工夫についてお届けします。





必要以上に長居しない

やかんのお湯とバスタブの中のお湯、どちらが先に冷めますか。
やかんのお湯ですね。

これと同じように、大人よりも、身体の小さな子どもは外気温の影響を
受けやすいのです。

大人が寒さを感じる頃には、子どもの身体はすっかり冷え切ってしまっ
ていることも。

楽しく遊んでいるとついつい時間を忘れてしまいがち。

そこで、あらかじめ、携帯電話などのタイマーをセットしておきましょう。
30分、1時間など、その日の気温に合わせて、時間を決めておきます。
時間が来たら、早めに室内へ移動しましょう。








水分補給も忘れずに

夏場の外遊びは、水筒持参で出かけられる保護者の方が多いと思いますが、
冬はどうでしょうか。

外遊びをすれば、冬でも汗をかきますし、何より、冬は空気が乾燥してい
ます。

ですから冬場もこまめな水分補給を心がけましょう。

冷たい飲み物は、身体が冷えますし、大人が飲むような熱い飲み物も、子
どもには不向きです。

ノンカフェインの麦茶や白湯など、少し温かい程度の飲み物を用意して、
魔法瓶につめて持ち歩きましょう。







常に安全の確認を

外遊びの時には、普段以上に目を離さないことが重要です。

地面に何か落ちていないか、遊具は安全な状態になっているかの確認を
毎回しましょう。

冬ならではの注意点としては、凍結や霜により濡れている場所があると
いうことです。

晴れの日でも、日蔭の部分は、早朝に降りた霜で濡れていたりするもの
です。

濡れていたり、凍結したりしていると、滑って、転倒の原因になります
ので、遊ばせる時にはくれぐれも注意しましょう。

雪が降ったりした日は、積もった雪で遊んだりすることもあるでしょう。

しかし、昨今の雪は、決して安全な物質だとは言えません。

つい最近も、中国から化学物質が飛来していることが報道されていまし
たね。

雪は決して口に入れないようにして、雪で遊んだ後は、いつもより丁寧
に手洗いとうがいをするようにしましょう。



以上、冬の外遊びを楽しむ工夫をお伝えいたしました。











立春は過ぎたものの、まだまだ寒い日が続きますね。

寒いからと言って、室内での遊びばかりだと、子供はストレスがたまって
しまいます。

そこで今日は、冬の外遊びでの注意点と工夫についてご紹介いたします。



暖かくする

一日のうち、なるべく暖かい時間帯を選んで外遊びをさせるようにしま
しょう。

決まった時間に遊ぶほうが、子供の生活リズムが作りやすいのですが、
天候を見て、臨機応変に外に出ます。

お日様の出た時間を逃さず、お散歩にすぐ出かけられるように、お散
歩グッズをあらかじめまとめておくといいですね。


服装も、暖かさと動きやすさを重視します。

帽子やマフラーは防寒の上でとても役立ちますが、注意点もあります。

マフラーは必ず、裾がヒラヒラしない状態になるように、首もとでまと
めておくこと。

穴に通すタイプだと、短くてもきちんと首元をつつんでくれて、扱いや
すいでしょう。




帽子を被らせると、嫌がってすぐに脱いでしまうお子さんも多いかと思
います。

しかし帽子は、防寒だけでなく、頭部の保護にも役立ちますので、うま
くなだめて被らせるようにしましょう。

かわいいぬいぐるみタイプの帽子や、マフラーと一体になったものなど、
お子さんの好みに合わせて選んであげると良いでしょう。







ファミリエクラブでは安全・安心の病児保育をするために、子育て経験豊富なスタッフ全員が継続して研修を受け、保育や看護のスキルをブラッシュアップしていきます。

写真は手洗いチェッカーを使った研修の様子です。
実際の看護の現場でやられている正しい手洗いの仕方を学んでいます。

病児保育の現場では外から家庭に菌を持ち込まないように、あらかじめしっかりと手洗いをして保育をしていきます。

普段何気なくやっている手洗いですが、チェッカーを使うことによって、手洗いのやり方ひとつで大きく違ってくることがよくわかります。

写真 (14)

写真 (17)

写真 (15)



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 


本日、日本経済新聞にファミリエクラブの病児保育の記事が取り上げられました。

普段、新聞やテレビなどで病児保育に関するニュースや情報を目にすることが少なく、
どこでどのような支援を受けられるのか分からなくて困っている親御さんが多いように思われます。

わたしたちの病児保育への取り組みを子育てと仕事の両立に悩んでいる多くの方々に知っていただけるよう、これからも情報を発信していきたいと思います。



日経記事20130201up




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。