FC2ブログ

1歳までに遭いやすい事故ランキング

ここでは、1歳までに遭いやすい事故ランキング に関する情報を紹介しています。
本日は京都市にある、京(みやこ)あんしんこども館が行った「1歳までに遭いやすい事故ランキング」
に関する記事をご紹介いたします。

京 (みやこ) あんしんこども館は、子どもたちの成長や病気など子育ての中で困ったり
不安に感じたことに小児医療の専門的立場から助言し、
また、子どもたちをその死亡原因の第一位を占める「不慮の事故」から守るための
具体的な情報を紹介するなど、次代を担う子どもたちが心身ともに
健やかに育っていくためのより良い環境づくりを保健医療の面からサポートしています。

事故を未然に防ぐためにはまず、遭いやすい事故のパターンを把握し、
危険性を認識していくことが求められます。

kodomo_jiko[1]



京あんしんこども館(京都市)が新生児~2歳までの子どもの保護者に
アンケート調査を行いました(平成24年1月発表)。

これによると、「0歳児の事故の種類と結果」では、ベビーベッドなどからの
「転落」が1,578人中半数以上の870人が経験しています。続く「誤飲」(183人)、
「挟む」(139人)、「熱傷」(106人)、「転倒」(104人)と較べると、
「転落」の比率が群を抜いていることがわかります。

また、同センターで受け付けている電話相談での誤飲事故の原因は、
1位が「紙類」、2位「容器包装用プラスチック類」、3位「文具」、という結果となっています。

「転落」をはじめ、「誤飲」、「やけど」など、ちょっとした油断から起きてしまう
日常の事故を防ぐには、常にその危険性を意識することが大切です。

子ども安全メールでも、こうした重要なテーマは随時取り上げていきます。
今号で100号を迎えた「子ども安全メールfrom消費者庁」に、これからもご注目ください。

出典:消費者庁 子ども安全メール


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸・西宮・芦屋のベビーシッタータイプ病児保育 ファミリエクラブ

最新情報やサービス内容は以下ホームページまでアクセスお願いいたします。
http://www.familieclub.com/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://familieclub.blog.fc2.com/tb.php/43-8ad5b447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック